トピックス

Update 11-SEP-2019
第78回日本癌学会学術総会でD3荻野さん、M2稲田さん、佐藤さんが発表します。
演題名:HMGB1-RAGE相互作用の阻害剤であるパパベリンは神経膠芽腫を抑制する(演題番号:P-1370)発表者:稲田 愛
演題名::ネクローシスとアポトーシスの漏出タンパク質のショットガンプロテオミクス(演題番号:P-2234)発表者:佐藤 聡
演題名:Nicotinamide phosphoribosyltransferase阻害剤耐性がん細胞におけるゲノムおよび腫瘍生物学的特徴(演題番号:P-3167)発表者:荻野 暢子
学会名:第78回日本癌学会学術総会
日時:2019年9月26日(Thu)-28日(Sat)
会場:国立京都国際会館

Update 11-SEP-2019
第63回日本薬学会関東支部大会でM2多賀井さん、B4戸谷さんが発表します。
演題名:神経細胞保護効果を有する植物由来成分の同定及びその作用メカニズム(演題番号:H-12 口頭発表)発表者:多賀井希望
演題名:ドラッグリポジショニング手法による抗がん性合成過酸化物の探索(演題番号:P-127 ポスター発表)発表者:戸谷滉希
学会名:第63回日本薬学会関東支部大会
日時:2019年9月14日(Sat.)
場所:北里大学薬学部白金キャンパス

Update 5-SEP-2019
森永製菓株式会社研究所との共同研究成果を纏めた論文がBiochemistry and Biophysics Reports, Volume 20, 100684, 2019で公開されました。
*Takayuki Yamamoto, Akira Sato, Yusuke Takai, Atsushi Yoshimori, Masahiro Umehara, Yoko Ogino, Mana Inada, Nami Shimada, Aya Nishida, Risa Ichida, Ryoko Takasawa, Hiroko Maruki-Uchida, Sadao Mori, Masahiko Sai, Minoru Morita, *Sei-ichi Tanuma. Effect of piceatannol-rich passion fruitseed extract on human glyoxalase I-mediated cancer cell growth. Biochemistry and Biophysics Reports, 20, 100684, 2019. https://doi.org/10.1016/j.bbrep.2019.100684 *Corresponding authors

Update 23-AUG-2019
森永製菓株式会社研究所との共同研究成果を纏めた論文がBiochemistry and Biophysics Reports (Elsevier, CiteScore=1.580, 2018)にacceptされました。
*Takayuki Yamamoto, Akira Sato, Yusuke Takai, Atsushi Yoshimori, Masahiro Umehara, Yoko Ogino, Mana Inada, Nami Shimada, Aya Nishida, Risa Ichida, Ryoko Takasawa, Hiroko Maruki-Uchida, Sadao Mori, Masahiko Sai, Minoru Morita, *Sei-ichi Tanuma. Effect of piceatannol-rich passion fruitseed extract on human glyoxalase I-mediated cancer cell growth. Biochemistry and Biophysics Reports, in press. *Corresponding authors

Update 20-AUG-2019
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科、愛媛大学プロテオサイエンスセンター、長崎大学熱帯医学研究所との共同研究成果を纏めた論文がGene, volume 716, 144016に掲載されました。
Masayuki Morita, Kosuke Hayashi, Akira Sato, Akiko Hiramoto, Osamu Kaneko, Rena Isogawa, Yuji Kurosaki, Shin-ichi Miyoshi, Kyung-Soo Chang, Yusuke Wataya, *Hye-Sook Kim. Genomic and biological features of Plasmodium falciparum resistance against antimalarial endoperoxide N-89. Gene, 716, 144016, 2019. https://doi.org/10.1016/j.gene.2019.144016 *Corresponding author

 

 

 

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close