トピックス

Update 20-APR-2019
修士課程2年 稲田 愛さんがfirst authorの論文がPLOS ONE (IF = 2.766, CiteScore = 3.01 in 2017)にacceptされました。
Mana InadaMika ShindoKyousuke Kobayashi, Akira Sato, Yohei Yamamoto,  Yasuharu Akasaki, Koichi Ichimura, *Sei-ichi Tanuma. Anticancer effects of a non-narcotic opium alkaloid medicine papaverine in human glioblastoma cells. PLOS ONE, in press.
*Corresponding authors

Update 5-APR-2019
玉田賢弥さん(2018年度修士課程修了)がfirst authorの論文がBiochemical and Biophysical Research Communications, Volume 511, Issue 3, Pages 665-670, 2019 に掲載されました。
Kenya Tamada, Shingo Nakajima, Natsumi Ogawa, Mana Inada, Hiroyuki Shibasaki, Akira Sato, Ryoko Takasawa, Atsushi Yoshimori, Yusuke Suzuki, Nobuo Watanabe, Takahiro Oyama, Hideaki Abe, Shigeaki, Inoue, Takehiko Abe, Takehiko Yokomizo, *Sei-ichi Tanuma. Papaverine identified as an inhibitor of high mobility group box 1/receptor for advanced glycation end-products interaction suppresses high mobility group box 1-mediated inflammatory responses. Biochemical and Biophysical Research Communications, 511(3), 665-670, 2019. doi: 10.1016/j.bbrc.2019.01.136

Update 26-MAR-2019
3月19日(火)に2018年度学位記・修了証書授与式があり、田中さん、玉田さん、矢作さんが修士(薬科学)の学位を授与され薬学研究科薬科学専攻(修士課程)を修了しました。三谷さんが学士(薬科学)の学位を授与され薬学部生命創薬科学科を卒業しました。今後の皆さんの活躍を期待しています。

Update 22-FEB-2019
日本薬学会 第139年会(千葉)でD2荻野さん、佐藤が発表します。
口頭発表: 23J-pm15S
エキソーム解析手法を用いたnicotinamide phosphoribosyltransferase阻害剤に対するがん耐性機構の解明(発表者:荻野 暢子)
ポスター発表: 22PO-am249
がん細胞のネクローシス制御因子の機能解析(発表者:佐藤 聡)
日時:2019年3月20日-23日
会場:幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張(千葉市美浜区)

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close