過去のトピックス

Update 6-APR-2019

Update 31-JAN-2019
修士課程2年玉田賢弥さんがfirst authorの論文がBiochemical and Biophysical Research Communications (Elsevier, IF=2.455 in 5-Year; IF=2.559, CiteScore=2.62 in 2017)にacceptされました。
Kenya Tamada, Shingo Nakajima, Natsumi Ogawa, Mana Inada, Hiroyuki Shibasaki, Akira Sato, Ryoko Takasawa, Atsushi Yoshimori, Yusuke Suzuki, Nobuo Watanabe, Takahiro Oyama, Hideaki Abe, Shigeaki, Inoue, Takehiko Abe, Takehiko Yokomizo, *Sei-ichi Tanuma. Papaverine identified as an inhibitor of high mobility group box 1/receptor for advanced glycation end-products interaction suppresses high mobility group box 1-mediated inflammatory responses. Biochemical and Biophysical Research Communications, in press. https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2019.01.136

Update 7-JAN-2019
慶應義塾大学医学部との共同研究成果がAutophagy , Volume 15, Issue 2, pages 242-258, 2019 (Taylor & Francis, IF=11.100, CiteScore=7.07 in 2017)に掲載されました。
Hitoshi Tsugawa, Hideki Mori, Juntaro Matsuzaki, Akira Sato, Yoshimasa Saito, Masayo Imoto, Makoto Suematsu, *Hidekazu Suzuki. CAPZA1 determines the risk of gastric carcinogenesis by inhibiting Helicobacter pylori CagA-degraded autophagy. Autophagy, 15(2), 242-258, 2019. doi:10.1080/15548627.2018.1515530.

Update 21-DEC-2018
博士後期課程2年荻野暢子さんがfirst authorの論文がGenomics (Elsevier, IF=3.270 in 5-Year; IF=2.91,  CiteScore=2.97, 2017)にacceptされました。
Yoko Ogino, *Akira Sato, Fumiaki Uchiumi, Sei-ichi Tanuma. Genomic and tumor biological aspects of the anticancer nicotinamide phosphoribosyltransferase inhibitor FK866 in resistant human colorectal cancer cells. Genomics, in press. (https://doi.org/10.1016/j.ygeno.2018.12.012) corresponding author

Update 15-OCT-2018
第41回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)でM2玉田くん、田中さん、矢作さんが発表します。
演題名:神経細胞保護効果を有する植物由来成分の同定とその機能解析(発表者:田中絢子)
演題名:新規HMGB1/RAGE阻害剤の抗炎症作用メカニズムの解明(発表者:玉田賢弥)
演題名:PARG阻害剤の制がん効果を規定する因子の探索(発表者:矢作有希)
日時:2018年11月28日(Wed)-30日(Fri)
会場:パシフィコ横浜

Update 8-SEP-2018
第62回日本薬学会関東支部大会でM1渋井くん、多賀井くん、YP4下間くん、高橋さん、YM4三谷くんが発表します。
演題名:がん細胞のネクローシス抑制遺伝子の機能解析(発表者:高橋祐衣)
演題名:ネクローシス細胞またはアポトーシス細胞から漏出する細胞死シグナル分子の探索と機能解析(発表者:下間彰)
演題名:合成環状過酸化化合物を用いた新規抗がん戦略(発表者:三谷英傑)
演題名:抗神経老化作用を有する植物由来成分の有用性(発表者:多賀井希望)
演題名:新規pory(ADP-ribose) glycohydrase (PARG)阻害剤の創製(発表者:渋井祐登)
日時:2018年9月15日(Sat)
会場:帝京平成大学中野キャンパス

Update 5-SEP-2018
第91回日本生化学会大会で M2玉田賢弥くんが口頭とポスターで発表します。
演題名:In silico創薬手法を用いたHMGB1が誘導する炎症反応阻害剤の創製と作用メカニズムの解明
日時:2018年9月24日(Mon)-26日(Wed)
会場:国立京都国際会館

Update 30-JUL-2018
第77回日本癌学会学術総会でM1稲田愛さん、佐藤が発表します。
演題名:in silico 創薬手法とドラッグリポジショニングを用いた、HMGB1/RAGE相互作用を標的とする神経膠芽腫の新規制がん戦略(発表者:稲田愛)
演題名:ネクローシスとアポトーシスのがん細胞死切替え機構(発表者:佐藤聡)
日時:9月27日(Thu)-29日(Sat)
会場:大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪

Update 24-JUL-2018
第83回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会でM2玉田賢弥くんが発表します。
演題名:HMGB1が誘導する炎症反応阻害剤の創製と作用メカニズムの解明
日時:7月26日(Thu)-27日(Fri)
会場:秋葉原コンベンションホール

Update 17-JUL-2018
第27回日本Cell Death学会学術集会 in Kyotoで佐藤が発表します。
演題名:がん細胞のネクローシスとアポトーシスの切替え制御機構
日時:7月27日(Fri)-7月28日(Sat)
会場:京都府立医科大学図書館ホール

Update 5-JUL-2018
研究室のWeb pageを立ち上げました。

Update 26-APR-2018
慶應義塾大学医学部との共同研究成果がAutophagy (IF=11.100, 2017)に掲載が確定しました。
Tsugawa H., Mori H., Matsuzaki J., Sato A., Saito Y., Imoto M., Suematsu M., Suzuki H. CAPZA1 determines the risk of gastric carcinogenesis by inhibiting Helicobacter pylori CagA-degraded autophagy. Autophagy, in press.

Update 13-APR-2018
博士後期課程2年荻野暢子さんが日本薬学会第138年会(金沢)学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。
発表テーマ:Nicotinamide phosphoribosyltransferase阻害剤に対するがん耐性機構の解析

Update 1-APR-2018
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科との共同研究成果がParasitology Internationalに掲載されました。
Blay E. A., Kumagai T., Yamabe M., Hino A., Shimogawara R., Kim H.-S., Sato A., Ichimura K., Ayi I., Iwanaga S., Ohta N. Insights into the mode of action of 1,2,6,7-tetraoxaspiro [7.11] nonadecane (N-89) against adult Schistosoma mansoni worms. Parasitology International, 67(4), 403-412, 2018.

Update 27-MAR-2018
博士後期課程1年荻野暢子さんがfirst authorの論文がOncotarget (IF=5.168, 2016)に掲載されました。
Ogino Y., Sato A., Uchiumi F., *Tanuma S. Cross resistance to diverse anticancer nicotinamide phosphoribosyltransferase inhibitors induced by FK866 treatment. Oncotarget, 9 (23), 16451-16461, 2018. (*, corresponding authors)

Update 2-MAR-2018
金沢大学医薬保健学域との共同研究成果がOncology Lettersに掲載されました。
El-Far A.H.A.M., Munesue S., Harashima A., Sato A., Shindo M., Nakajima S., Inada M., Tanaka M., Takeuchi A., Tsuchiya H., Yamamoto H., Shaheen H.M.E., EL-SAYED Y.S., Kawano S., Tanuma S., Yamamoto Y. In vitro anticancer effects of a RAGE inhibitor discovered using a structure-based drug design system. Oncology Letters, 15, 4627-4634, 2018. doi: 10.3892/ol.2018.7902.

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close