過去のトピックス

Update 6-JUN-2019

Update 13-MAY-2019
東京工業大学 科学技術創成研究院 化学生命科学研究所との共同研究成果を纏めた論文がBioorganic & Medicinal Chemistry (Elsevier, IF=2.881, CiteScore=2.90 in 2017)にacceptされました。
Yasunobu Asawa, Kiyotaka Katsuragi, Akira Sato, Atsushi Yoshimori, *Sei-ichi Tanuma, *Hiroyuki Nakamura. Structure-based drug design of novel carborane-containing nicotinamide phosphoribosyltransferase inhibitors. Bioorganic & Medicinal Chemistry, in press. doi: 10.1016/j.bmc.2019.05.013.*Corresponding authors

Update 20-APR-2019
修士課程2年 稲田 愛さんがfirst authorの論文がPLOS ONE (IF = 2.766, CiteScore = 3.01 in 2017)にacceptされました。
Mana InadaMika ShindoKyousuke Kobayashi, Akira Sato, Yohei Yamamoto,  Yasuharu Akasaki, Koichi Ichimura, *Sei-ichi Tanuma. Anticancer effects of a non-narcotic opium alkaloid medicine papaverine in human glioblastoma cells. PLOS ONE, in press. *Corresponding authors

Update 5-APR-2019
玉田賢弥さん(2018年度修士課程修了)がfirst authorの論文がBiochemical and Biophysical Research Communications, Volume 511, Issue 3, Pages 665-670, 2019 に掲載されました。
Kenya Tamada, Shingo Nakajima, Natsumi Ogawa, Mana Inada, Hiroyuki Shibasaki, Akira Sato, Ryoko Takasawa, Atsushi Yoshimori, Yusuke Suzuki, Nobuo Watanabe, Takahiro Oyama, Hideaki Abe, Shigeaki, Inoue, Takehiko Abe, Takehiko Yokomizo, *Sei-ichi Tanuma. Papaverine identified as an inhibitor of high mobility group box 1/receptor for advanced glycation end-products interaction suppresses high mobility group box 1-mediated inflammatory responses. Biochemical and Biophysical Research Communications, 511(3), 665-670, 2019. doi: 10.1016/j.bbrc.2019.01.136

Update 26-MAR-2019
3月19日(火)に2018年度学位記・修了証書授与式があり、田中さん、玉田さん、矢作さんが修士(薬科学)の学位を授与され薬学研究科薬科学専攻(修士課程)を修了しました。三谷さんが学士(薬科学)の学位を授与され薬学部生命創薬科学科を卒業しました。今後の皆さんの活躍を期待しています。

Update 22-FEB-2019
日本薬学会 第139年会(千葉)でD2荻野さん、佐藤が発表します。
口頭発表: 23J-pm15S
エキソーム解析手法を用いたnicotinamide phosphoribosyltransferase阻害剤に対するがん耐性機構の解明(発表者:荻野 暢子)
ポスター発表: 22PO-am249
がん細胞のネクローシス制御因子の機能解析(発表者:佐藤 聡)
日時:2019年3月20日-23日
会場:幕張メッセ、ホテルニューオータニ幕張(千葉市美浜区)

Update 31-JAN-2019
修士課程2年玉田賢弥さんがfirst authorの論文がBiochemical and Biophysical Research Communications (Elsevier, IF=2.455 in 5-Year; IF=2.559, CiteScore=2.62 in 2017)にacceptされました。
Kenya Tamada, Shingo Nakajima, Natsumi Ogawa, Mana Inada, Hiroyuki Shibasaki, Akira Sato, Ryoko Takasawa, Atsushi Yoshimori, Yusuke Suzuki, Nobuo Watanabe, Takahiro Oyama, Hideaki Abe, Shigeaki, Inoue, Takehiko Abe, Takehiko Yokomizo, *Sei-ichi Tanuma. Papaverine identified as an inhibitor of high mobility group box 1/receptor for advanced glycation end-products interaction suppresses high mobility group box 1-mediated inflammatory responses. Biochemical and Biophysical Research Communications, in press. https://doi.org/10.1016/j.bbrc.2019.01.136

Update 7-JAN-2019
慶應義塾大学医学部との共同研究成果がAutophagy , Volume 15, Issue 2, pages 242-258, 2019 (Taylor & Francis, IF=11.100, CiteScore=7.07 in 2017)に掲載されました。
Hitoshi Tsugawa, Hideki Mori, Juntaro Matsuzaki, Akira Sato, Yoshimasa Saito, Masayo Imoto, Makoto Suematsu, *Hidekazu Suzuki. CAPZA1 determines the risk of gastric carcinogenesis by inhibiting Helicobacter pylori CagA-degraded autophagy. Autophagy, 15(2), 242-258, 2019. doi:10.1080/15548627.2018.1515530.

Update 21-DEC-2018
博士後期課程2年荻野暢子さんがfirst authorの論文がGenomics (Elsevier, IF=3.270 in 5-Year; IF=2.91,  CiteScore=2.97, 2017)にacceptされました。
Yoko Ogino, Akira Sato, Fumiaki Uchiumi, Sei-ichi Tanuma. Genomic and tumor biological aspects of the anticancer nicotinamide phosphoribosyltransferase inhibitor FK866 in resistant human colorectal cancer cells. Genomics, in press. (https://doi.org/10.1016/j.ygeno.2018.12.012) corresponding author

Update 15-OCT-2018
第41回日本分子生物学会年会(パシフィコ横浜)でM2玉田くん、田中さん、矢作さんが発表します。
演題名:神経細胞保護効果を有する植物由来成分の同定とその機能解析(発表者:田中絢子)
演題名:新規HMGB1/RAGE阻害剤の抗炎症作用メカニズムの解明(発表者:玉田賢弥)
演題名:PARG阻害剤の制がん効果を規定する因子の探索(発表者:矢作有希)
日時:2018年11月28日(Wed)-30日(Fri)
会場:パシフィコ横浜

Update 8-SEP-2018
第62回日本薬学会関東支部大会でM1渋井くん、多賀井くん、YP4下間くん、高橋さん、YM4三谷くんが発表します。
演題名:がん細胞のネクローシス抑制遺伝子の機能解析(発表者:高橋祐衣)
演題名:ネクローシス細胞またはアポトーシス細胞から漏出する細胞死シグナル分子の探索と機能解析(発表者:下間彰)
演題名:合成環状過酸化化合物を用いた新規抗がん戦略(発表者:三谷英傑)
演題名:抗神経老化作用を有する植物由来成分の有用性(発表者:多賀井希望)
演題名:新規pory(ADP-ribose) glycohydrase (PARG)阻害剤の創製(発表者:渋井祐登)
日時:2018年9月15日(Sat)
会場:帝京平成大学中野キャンパス

Update 5-SEP-2018
第91回日本生化学会大会で M2玉田賢弥くんが口頭とポスターで発表します。
演題名:In silico創薬手法を用いたHMGB1が誘導する炎症反応阻害剤の創製と作用メカニズムの解明
日時:2018年9月24日(Mon)-26日(Wed)
会場:国立京都国際会館

Update 30-JUL-2018
第77回日本癌学会学術総会でM1稲田愛さん、佐藤が発表します。
演題名:in silico 創薬手法とドラッグリポジショニングを用いた、HMGB1/RAGE相互作用を標的とする神経膠芽腫の新規制がん戦略(発表者:稲田愛)
演題名:ネクローシスとアポトーシスのがん細胞死切替え機構(発表者:佐藤聡)
日時:9月27日(Thu)-29日(Sat)
会場:大阪国際会議場、リーガロイヤルホテル大阪

Update 24-JUL-2018
第83回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会でM2玉田賢弥くんが発表します。
演題名:HMGB1が誘導する炎症反応阻害剤の創製と作用メカニズムの解明
日時:7月26日(Thu)-27日(Fri)
会場:秋葉原コンベンションホール

Update 17-JUL-2018
第27回日本Cell Death学会学術集会 in Kyotoで佐藤が発表します。
演題名:がん細胞のネクローシスとアポトーシスの切替え制御機構
日時:7月27日(Fri)-7月28日(Sat)
会場:京都府立医科大学図書館ホール

Update 5-JUL-2018
研究室のWeb pageを立ち上げました。

Update 26-APR-2018
慶應義塾大学医学部との共同研究成果がAutophagy (IF=11.100, 2017)に掲載が確定しました。
Tsugawa H., Mori H., Matsuzaki J., Sato A., Saito Y., Imoto M., Suematsu M., Suzuki H. CAPZA1 determines the risk of gastric carcinogenesis by inhibiting Helicobacter pylori CagA-degraded autophagy. Autophagy, in press.

Update 13-APR-2018
博士後期課程2年荻野暢子さんが日本薬学会第138年会(金沢)学生優秀発表賞(口頭発表の部)を受賞しました。
発表テーマ:Nicotinamide phosphoribosyltransferase阻害剤に対するがん耐性機構の解析

Update 1-APR-2018
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科との共同研究成果がParasitology Internationalに掲載されました。
Blay E. A., Kumagai T., Yamabe M., Hino A., Shimogawara R., Kim H.-S., Sato A., Ichimura K., Ayi I., Iwanaga S., Ohta N. Insights into the mode of action of 1,2,6,7-tetraoxaspiro [7.11] nonadecane (N-89) against adult Schistosoma mansoni worms. Parasitology International, 67(4), 403-412, 2018.

Update 27-MAR-2018
博士後期課程1年荻野暢子さんがfirst authorの論文がOncotarget (IF=5.168, 2016)に掲載されました。
Ogino Y., Sato A., Uchiumi F., *Tanuma S. Cross resistance to diverse anticancer nicotinamide phosphoribosyltransferase inhibitors induced by FK866 treatment. Oncotarget, 9 (23), 16451-16461, 2018. (*, corresponding authors)

Update 2-MAR-2018
金沢大学医薬保健学域との共同研究成果がOncology Lettersに掲載されました。
El-Far A.H.A.M., Munesue S., Harashima A., Sato A., Shindo M., Nakajima S., Inada M., Tanaka M., Takeuchi A., Tsuchiya H., Yamamoto H., Shaheen H.M.E., EL-SAYED Y.S., Kawano S., Tanuma S., Yamamoto Y. In vitro anticancer effects of a RAGE inhibitor discovered using a structure-based drug design system. Oncology Letters, 15, 4627-4634, 2018. doi: 10.3892/ol.2018.7902.

search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close